受験校選びで迷ったら、早めに過去問を解いてみる

本命の志望校だけでなく併願校も含めて、受験校を決めかねたまま6年後期を迎える受験生も多いと思います。首都圏の受験生の場合、9月以降に過去問を開始したり、難関校であれば学校別模試を受験していく中で、各校について個別の状況(合格可能性)を知り、10~11月に最終的な受験校を決定していく流れになることが多いのではないでしょうか。

ただ、仮に11月に本命の志望校を変更した場合、入試本番までの残り時間が短いため万全な対策は難しくなる可能性が高く、併願校については、それ以上に対策が手薄になるでしょう。受験校の決定時期が早いほど、過去問演習を余裕をもって取り組めることに加えて、難関校の場合は本命校、併願校の両方について計画的に学校別模試を受験していくことが可能になります。

志望校選びで迷っている場合におすすめしたいのは、早い時期に過去問を1、2回分、解いてみるということです。例えば、難易度の近いA中学とB中学で迷っているのであれば、とりあえず両校の過去問を1、2回分ずつ解き、その結果を比較することで、色々なことが見えてきます。

早い時期に過去問を解いても十分な点数が取れないと思われるかもしれませんが、合格最低点や受験者平均点に対してどの程度のギャップがあるかを確認するだけでも有効な情報が得られます。

A中学とB中学の算数の過去問を解いてみて、A中学は受験者平均点の6割、B中学は受験者平均点の9割をとれているのであれば、B中学の方が明らかに相性が良いということが分かります。また、国語が苦手な受験生が両校の過去問を解いてみて、A中学の国語は点数がとれないけれど、B中学の国語はそれなりに(足を引っ張らない程度に)とれるということもあります。

このような「相性確認を目的とする過去問演習」の実施時期として、個人的におすすめしたいのは6年の夏休み前です。9月以降に実施する場合に比べれば点数がとれないかもしれませんが、現実的に合格できる可能性のある学校であれば、夏休み前に実施しても極端に低い点数にはならないでしょう。

夏休み前に実施することの最大のメリットは、具体的な方向性(どの学校を受験することになるか)が定まることで、緊張感や高い意識を持った状態で夏休みを過ごせるということです。例えば算数の問題についても、他の受験生が漠然と取り組んでいるのに対して、具体的な方向性が定まっている受験生は「こういう問題は○○中学で出そうだな」といった感覚を持ちやすくなります。

本命の志望校や併願校について迷いがない場合は無理に実施しなくていいのですが、迷いがある場合は「過去問の解き比べ」を試してみる価値があるのではないかと思います。