難問の攻略に欠かせないのは「耐性」をつけること

各受験生にとって、算数の問題は「解ける問題」「解けない問題」「解ける可能性のある問題」の3種類に分けられます。「解ける問題」「解けない問題」というのは、文字通り、実力的に対応できる問題、対応できない問題ということですが、「解ける可能性のある問題」というのは、状況次第でどちらに転ぶ可能性もある問題ということです。

例えば、問題を見た時点では解ける確信がなかったものの、試行錯誤していく中でポイントに気付き、そこから正解できるということがありますが、同じように取り組んでもポイントに気付けず、正解できないこともあります。それが、解けるかどうかが紙一重の「解ける可能性のある問題」です。

特に受験者どうしの実力が拮抗している難関校入試では、解ける可能性のある問題をどれだけ拾えるかが合否の分かれ目になる傾向があります。もちろん、一般的には「難問」と言われるレベルの問題になりますので、十分な実力があるという前提ですが、最終的に解けるかどうかは「解けそうだと思えるかどうか」が影響します。精神論に思われるかもしれませんが、その影響力は決して侮れないものがあります。

授業中に生徒から「(難しくて)わからない」と言われた時に、私が「この問題は解けるよ」と伝えて再挑戦してもらうと、あっさり解けるということが時々あります。それは、私が励ましたから解けない問題が解けるようになったのではなく、本来は解けるはずの問題を(生徒が「無理だ」と思ったために)解けなくなっていたということです。

難関校入試では、そういった「解ける可能性のある問題」が1、2問はあることが多いのですが、その1、2問を正解できるかどうかは合否に直結します。そして、そういう問題を解けると思えるかどうかは、難問への「耐性」の強さが影響します。

難問への耐性が強いと、良い意味で「根拠のない自信」が生まれやすく、解けるという前提で(試行錯誤など)色々とアプローチすることによって、結果的に解けてしまうことが多々あります。逆に難問への耐性が弱いと、解けないだろうという前提で取り組んでしまうため、実は正しいアプローチをしているにも関わらず、途中で断念してしまうことが多くなります。

難問への耐性を鍛えるには、特別な方法ではなく、とにかく難問を大量に解いていくことが有効です。難問集としては「中学への算数」が定番ですが、各問題の解法を身につけるという目的だけでなく、耐性を鍛えるという目的も意識して取り組んでみることをおすすめします。