新型コロナウイルス感染拡大に伴い、現在はオンライン家庭教師のみの受付となっております。

オンライン家庭教師の詳細は「家庭教師(Zoom)」をご確認ください。

難関校対策プログラム

本指導では「難関校対策プログラム」(レベル1~5)に基づき、段階的に学習水準を上げています。

レベル1(基本):4年生の全範囲と5年生の一部範囲について、典型的な基本問題が解ける

レベル2(基本~標準):全範囲について基本問題がほぼ解ける、また標準問題がある程度は解ける

レベル3(標準~応用):全範囲について標準問題がほぼ解ける、また応用問題がある程度は解ける

レベル4(応用):難関校入試で正答率の比較的高い、パターン化された問題に対応できる

レベル5(発展):難関校入試で正答率の比較的低い、パターン化されない問題に対応できる

直近の成績向上を目的とする補習的な指導(マンスリーテスト対策など)ではなく、長期的に実力を底上げするための指導を行います。

※授業ではレベル2以降を行います。レベル1の習得が必要な場合は、仮受講の前に準備学習を進めていただきます。

※レベル2では各分野の理解状況を確認すると同時に、将来的な合格可能性を予測します。(→資料

※レベル4では応用問題を集中的に行い、分野ごとに難関校受験生内での相対的な位置を確認します。(→資料)​

※レベル4、5ではテスト形式の実戦演習を積極的に行います。(→テスト結果の見本)​

※レベル5を完了した受講者(男子21名、女子2名)の主な合格校(2010~2020年)は下記の通りです。

開成13名、灘5名、筑波大駒場6名、聖光学院10名、渋谷幕張15名、桜蔭2名、豊島岡2名、麻布2名、栄光学園4名、西大和学園(東京入試)10名

講師:熊野孝哉

中学受験算数専門の家庭教師。甲陽学院中学・高校、東京大学卒。


<主な著書>
「中学受験・算数の戦略的学習法・難関中学編」
「中学受験を成功させる算数の戦略的学習法」
「比を使って文章題を速く簡単に解く方法」
「場合の数・入試で差がつく51題」
「速さと比・入試で差がつく45題」
「図形・入試で差がつく50題」
「文章題・入試で差がつく56題」
「算数ハイレベル問題集」
「詳しいメモで理解する文章題・基礎固めの75題」

<主な掲載実績>
「プレジデントファミリー」