主な合格実績

【2018~2021年度】

開成7名、灘2名、筑波大駒場1名、聖光学院8名、渋谷幕張8名、桜蔭2名、豊島岡2名、

麻布4名、栄光学園1名、駒場東邦1名、武蔵1名、渋谷渋谷3名、早稲田1名、

慶應中等部(1次)1名、慶應湘南藤沢(1次)1名、筑波大附1名、海城3名、西大和学園11名、

海陽・特別給費生1名、広尾学園(医進)2名、浅野1名、浦和明の星1名、吉祥女子1名、

市川6名、東邦大東邦3名、芝1名、本郷1名、攻玉社(特別)1名

【2014~2017年度】

開成5名、灘2名、筑波大駒場3名、聖光学院6名、渋谷幕張9名、桜蔭2名、豊島岡4名、

女子学院1名、麻布1名、栄光学園2名、駒場東邦1名、武蔵1名、雙葉1名、渋谷渋谷1名、

慶應普通部1名、海城3名、西大和学園2名、海陽・特別給費生4名、浅野2名、浦和明の星5名、

頌栄女子学院2名、市川8名、東邦大東邦7名、芝2名

【2010~2013年度】

開成3名、灘1名、筑波大駒場3名、聖光学院1名、渋谷幕張3名、麻布1名、栄光学園3名、

慶應中等部(1次)1名、海城1名、浅野2名、浦和明の星1名、市川1名、芝1名

※各期間とも、下記の条件をすべて満たす受講者のみを対象としています。

・受講期間が7ヶ月以上

・入試直前(1月)まで受講

・難関校対策プログラム・レベル3以上を完了

主な難関校の合格状況


【開成】合格率78%(18名中14名合格、2010~2021年度)

※下記の条件をすべて満たす受講者のみの入試結果です。
・受講期間が7ヶ月以上
・開成模試で算数以外の3科偏差値が平均52以上(2021年3月13日 基準変更)
・難関校対策プログラム・レベル4以上を完了

※開成模試のボーダーライン(合格可能性50%)は偏差値52~53になることが多く、

算数以外の3科偏差値が平均52の場合、算数でボーダーラインを5点前後上回れば

合格できることになります。一方で算数以外の3科偏差値が平均45の場合、

算数でボーダーラインを20点上回っても合格点に届くかどうかという状況になります。

開成合格率については、算数が実質的に合否に与えた影響を明確にする意味で、

残り3科目の平均偏差値52以上という基準で算出しております。

【桜蔭+豊島岡+女子学院】合格率92%(12名中11名合格、2016~2021年度)

※下記の条件をすべて満たす受講者のみの入試結果です。
・受講期間が7ヶ月以上
・サピックス通常模試で算数以外の3科偏差値が平均54以上
・難関校対策プログラム・レベル4以上を完了

【聖光学院】合格率93%(15名中14名合格、2010~2021年度)

※下記の条件をすべて満たす受講者のみの入試結果です。
・受講期間が7ヶ月以上
・サピックス通常模試で算数以外の3科偏差値が平均57以上(2021年3月4日 基準変更)
・難関校対策プログラム・レベル4以上を完了

※帰国入試、第1回、第2回、繰上の合格者を計上しています。

【灘】合格率63%(8名中5名合格、2013~2021年度)

※下記の条件をすべて満たす受講者のみの入試結果です。
・受講期間が7ヶ月以上
・難関校対策プログラム・レベル5を完了

主な指導実績

 

・サピックス模試1位、筑駒模試1位(4年12月、筑波大駒場、開成、聖光学院、渋谷幕張)
・サピックス模試1桁順位、筑駒模試1位(新5年2月、筑波大駒場、開成、渋谷幕張)
・サピックス模試1桁順位(4年9月、筑波大駒場、灘、開成、渋谷幕張、栄光学園)
・合不合模試・算数1位、算数偏差値75(5年6月、筑波大駒場、麻布、聖光学院、渋谷幕張)
・サピックス模試・算数偏差値76(新5年2月、聖光学院、渋谷幕張)
・サピックス模試・算数偏差値75(5年4月、聖光学院、海陽・特別給費生)
・桜蔭模試・算数偏差値75(新6年2月、桜蔭、豊島岡)
・サピックス模試1位、算数偏差値79(新6年2月、筑波大駒場、灘、開成)
・サピックス模試1桁順位(6年6月、灘、開成、西大和学園)
・サピックス模試・算数偏差値76(4年7月、渋谷幕張、海陽・特別給費生)
・サピックス模試・算数偏差値78(新4年2月、開成、聖光学院、渋谷幕張、西大和学園)
・開成模試3位(4年5月、開成、聖光学院、渋谷幕張、西大和学園)
・サピックス模試1桁順位(5年5月、麻布、渋谷幕張、西大和学園)
・桜蔭模試・算数偏差値80、総合1位(5年6月、桜蔭、豊島岡、渋谷幕張、西大和学園)

・開成模試・13回連続で合格判定(5年4月、開成、聖光学院、渋谷幕張、西大和学園)
・灘模試・偏差値70(5年7月、灘、開成、栄光学園、海陽・特別給費生、西大和学園)
・サピックス模試・算数偏差値78(新6年2月、灘、渋谷幕張、西大和学園)
・開成模試・算数1位(4年1月、聖光学院、渋谷渋谷・特待合格、西大和学園)


※かっこ内は、開始時期と主な合格校です。

合格実績・指導実績の基準について

 

本指導における合格実績・指導実績は、すべての受講者を対象にカウントするのではなく、

私が家庭教師として深く関わったことが客観的に認められる基準を「受講期間」「指導内容」

等について設定し、その基準を満たす受講者のみを対象にしています。

「指導内容」の基準は、主に授業内で実施した課題の量で設定しています。

2020年度は「テスト形式の演習(1本40分)を35本以上実施」という基準を設定し、

その基準を満たす受講者のみを合格実績・指導実績の対象としました。

2020年度は、すべての受講者を対象にすれば、筑駒に合格された受講者もおられましたが、

上記の基準には届かなかったため、合格実績・指導実績にはカウントしませんでした。

2019年度以前についても、同様の対応をしております。

ただ、基準を満たさないものの、その受講者の経験が今後の受験生の参考になると判断し、

合格体験記を執筆していただいたこともあります。

その場合、合格体験記は公表し、合格実績にはカウントしないという形で対応しています。