2020年度の灘中入試で類似問題が出題されました(2020年10月22日)

難関校入試は運の影響を受ける(2020年9月9日)

「初見の問題に強いこと」は重要ではない(2020年5月14日)

苦手意識のある分野が、実は苦手でないことも多い(2020年4月19日)

難関校の合格可能性は、初期段階でも診断できる(2020年4月19日)

「カンフル剤」としての課題(2020年4月2日)

時間配分を改善してミスを減らす(2020年3月4日)

プレッシャーのかかる場面での「試行回数」を増やす(2020年2月27日)

過去問演習は疲れていない時に行う(2019年11月11日)

算数で勝負しやすい学校・しづらい学校(2019年8月8日)

学校別模試では時間配分が鍵になる(2019年5月18日)

練習校での内容を精査する(2019年1月8日)

「都合のいい情報」を求めない(2018年10月24日)

「適度な過大評価」が才能を伸ばす(2018年9月12日)

狭いスペースで解く(2018年5月30日)

現状を立体的に把握する(2018年5月1日)

入試に平常心で臨む方法(2018年1月12日)

解法に幅を持たせる(2017年9月3日)

公文式と中学受験(2016年5月3日)

先取りと予習の違い(2016年5月3日)

効率化の鍵は「割り切る」こと(2016年5月3日)

計算力がなければ本題に集中できない(2016年5月3日)

時間度外視の学習には再現性がない(2016年5月3日)

早めに「本番」を経験して目線を高くする(2016年5月3日)

「不合格可能性」を意識する(2016年5月3日)

上位層ほど最後に加速する(2016年5月3日)

練習校を受験することの意味(2016年5月3日)

数値を正しく扱う(2016年5月3日)

※かっこ内は記事の公開日(書籍の場合は発売日、メルマガの場合は配信日)