毎回の授業でデータに向き合い、現状を正しく理解する

現状を正しく理解していないために取り組み方が的外れになり、成果も出ない。
これは、十分に努力しているにも関わらず伸び悩んでしまう受験生に共通して見られる傾向です。
逆に、現状を正しく理解した上で努力しても成果が出ないという受験生は少ないものです。

本指導(オンライン授業)では、毎回の授業で複数の(性質の異なる)課題を行い、
各課題のデータ(過去の難関校合格者の正答率など)と向き合うことで、現状を分析しています。
また、その内容を親御様、受験生本人と共有し、自主課題(塾以外の学習)に反映させています。

算数の入試問題はA問題(知識処理系)とB問題(思考系)に分けられます。
模試を受けているので現状は知っていると思われるかもしれませんが、
塾の復習テスト(マンスリーテスト、組分けテストなど)や実力テスト(サピックスオープン、
合不合判定テストなど)は、基本・標準レベルのA問題を中心に出題されているため、
難関校で多く出題されるB問題については、判断材料になりづらいというのが実情です。
実際、本指導で思考系応用問題の課題(応用力レベルのB問題)を行うと、
塾の模試で偏差値50台の受験生が偏差値70台の受験生を上回るということが少なくありません。

大切なのは、そのような現状を正しく理解した上で弱点を強化するための対策を進めることです。
偏差値70台でB問題が弱点だと判明した受験生は、A問題に充てていた学習時間を減らしてでも
B問題を重点的に強化していく必要があります。
偏差値50台でB問題が強いと判明した受験生は、A問題が弱点(それ故に塾の模試で好成績が
とれない)なので、A問題を重点的に強化していく必要があります。

以前、本指導について「健康診断に似ている」という声をいただいたことがあります。
自覚症状がなくても健康診断で異常が発見されることがあるように、
模試の成績が良好でも見過ごせない弱点(思考系問題が弱いなど)が判明することがあります。
病気に対して薬が処方されるように、弱点に対して改善策を伝え、課題を指定しています。
各検査において基準値が判断材料になるように、各課題において過去の難関校合格者のデータ
(正答率、平均点など)が判断材料になっています。

本指導では個別の問題についての解説はもちろん行いますが、それ以上に現状を正しく理解して
いただくことを重視しています。


授業内容(課題)の一例

「直前模試」
6年後期に実施するテスト形式の課題。思考系応用問題を4大問40分の制限時間(筑駒入試と同じ設定)
で行います。特に開成入試との相関が強く、有効な判断材料となっています。

<参考>直前模試の資料
https://www.kumano-takaya.com/tyokuzen


「定番問題演習」
6年中期~後期に実施する分野別の問題演習。知識系応用問題を1問3分の制限時間で行います。
特に聖光学院入試との相関が強く、有効な判断材料となっています。
<参考>定番問題演習の資料
https://www.kumano-takaya.com/teiban


「応用問題演習」
5年前期~6年前期に実施する分野別の問題演習。難関校入試レベルの問題を比較的早い時期から行います。
小問単位で過去の難関校合格者のデータ(正答率)と向き合い、具体的な補強ポイントを判断します。

「ハイレベル模試」
5年前期~6年前期に実施するテスト形式の課題。5年は全20回、6年は全10回実施します。
応用問題への耐性をつけると同時に、効率的な時間配分を習得することを目的としています。

「入試問題演習」
6年前期に実施するテスト形式の課題。難関校の入試問題を本来の70%程度の制限時間で行います。

「確認テスト」
6年前期~後期に実施する小テスト。自主課題の内容をそのまま出題し、定着率を確認します。

自主課題に対する姿勢が反映されますが、数ヶ月後の学校別模試の結果に影響する傾向があります。