【主な合格校】開成、聖光学院、渋谷幕張、西大和学園

【進学先】開成中学

長男の合格体験記の最後に触れたように(2014年J1君の合格体験記参照),熊野先生には次男(J2君)の受験でもお世話になり,1年あまり前に開成中に合格させていただいた。

合格体験記を書くのが1年も経ってしまったのは,仕事が忙しかったことが主たる理由だが,今年2月になって次男が,「今日は入試だから学校は休みだ」,「今日は合格発表の日だから休みだ」と言って,1年前のことを思い出させてくれ,合格体験記を書くきっかけをくれた。合格直後の「先生,ありがとうございました!」といった感激調とは違って,より冷静に,客観的に合格体験記を書くことが出来るというメリットもあるということで,熊野先生には,執筆が遅れに遅れてしまったことを御容赦いただけるだろうか。

海外からの直接受験だった長男の時とは異なり,次男は受験期にずっと東京にいたので,小4,小5の頃は月1回,小6になってからは月2回,直前期は週1~2回御指導いただいた。

熊野先生の御指導の緻密さについては長男の合格体験記に書いたとおりなので,ここでは繰り返さない。ここでは熊野先生に御指導いただく本質的な意味について述べたい。

毎週何回も行く塾と違って,月1~2回の熊野先生の御指導によって何が変わるのか,について懐疑的な方もいらっしゃるかもしれない。塾代に加えて,熊野先生に御指導いただく経済的な負担について思い悩まれる方もおられるだろう。

熊野先生に御指導いただくメリットを一言で言うと「算数が安定する安心を得る」ということである。中学受験の鍵となる算数で,この安心が得られることはものすごく大きい。算数で安定した得点が望めれば,受験直前期になればなるほど,ほかの科目にどれだけの力を振り向けられるか,の計算もしやすい。もちろん塾の役割は大きいが,やはり集団に対する指導である限界は否めない。算数について,受験生一人一人にカスタマイズされた「羅針盤」が得られるメリットははかりしれない(長男の合格体験記では「的確な海図」と表現した)。

「算数が安定する安心」と書いたが,「受験生活をとおしての精神安定」と言った方が,より正確かもしれない。熊野先生はどこまでも冷静な方である。とかく私が,模試の成績などに一喜一憂し,次男にとって,はた迷惑な感じにボルテージが上がっていても,冷静にアドバイスによって気持ちを静めてくださる。しかもいい加減なアドバイスではなく,これまで多くの最難関校の受験生を御指導されてきたデータに基づくものである。例えば,時間を区切って問題を解かせた後に,「過去に指導した●●中学を受験した受験生は,この時期に,同じ問題を解いて,合否の得点分布はこうなっていて,J2君は●点だから十分合格圏です(あるいは「少し足りていないので,この分野を補強しましょう。」)」と的確におっしゃってくださる。さながら,野村克也氏のデータに基づく野球指導のようである。

私にとって,これだけの安心感を与えてくださる熊野先生だったので,当事者である次男にとっての安心感はいかばかりであったろうか。次男が,受験前夜に,熊野先生のお声を電話で聞いて安心して入試に臨んだことも何度とあった。以前,先生の御著書『算数の戦略的学習法 難関中学編』(Yell books)のAmazonレビューに「受験生兄弟の父」という名で書いたことがあるが,熊野先生は受験生にとっても,保護者にとっても,精神的に安心できる受験生活の「伴走者」なのである。

熊野先生が生徒一人一人のことを本当に思ってくださっていると感じたエピソードがある。ある中学の入試前夜に,「明日の入試に臨むにあたって,この1問は目を通しておいた方が良い」という問題を届けてくださったのだ。この1問を解かせなかったばかりに,教え子が残念な結果に終わるのはプロとして見過ごせない一心での行動だったと思う。最後の最後まで気を抜かない熊野先生の御指導は「真心の指導」なのである。

なお,長男はこの4月から高3になり,いよいよ大学受験対策も本格化する。中学受験時代に熊野先生に「算数好き」にしていただいたおかげで,今も数学は得点源であり,受験に向け,前向きに取り組んでいるようである。熊野先生の御指導は中学受験が終わっても,アセットとして残り続けるのである。熊野先生が,この先も御指導を続けてくださるなら,長男や次男の子の世代にも是非御指導いただきたい,と心底思う。

━━━━━━━━━━━

受講期間と学習状況​

━━━━━━━━━━━

【受講期間】3年生(新4年生)2月~6年生1月(36ヶ月)

​​

【学習状況】当初から筑駒・開成志望でしたので、過去の合格者と同様に難関校対策プログラムを進めました。レベル1~5を通じて大きく苦戦することはなく、順調に課題を完了しました。​

課題の進捗は模試の成績にも反映されるようになり、サピックスオープンでの算数平均偏差値70以上(5年生~6年生前期の5回)、開成模試での算数平均偏差値60以上(6年生5~9月の7回)、サピックス通常模試での算数偏差値78など、比較的早い時点で算数が得点源と言える状態になっていました。

ただ一方で苦手科目もあり、4科目総合では必ずしも盤石とは言えませんでした。私からは、6年生10月に「(1ヶ月程度)算数の学習時間を減らして、その時間を苦手科目の強化に充てる」という提案をさせていただきました。その結果、算数のアドバンテージは少し失われましたが、苦手科目の底上げにより4科目総合での実力は上がり、開成模試でも合格可能性が(複数回の平均で)10%ほど向上しました。

​​

順風満帆と言っては語弊があるかもしれませんが、5年前期の時点で最終的な成功が見えるほど状態が良く、J2君も授業、課題に対して常に前向きに取り組んでくれました。開成、聖光学院などの合格は順当な結果だったと思います。