【主な合格校】聖光学院、渋谷渋谷(特待合格)、西大和学園(東京入試)

【進学先】聖光学院中学 【難関校対策プログラム】レベル5完了

熊野先生は、毎回の授業で丁寧な解説をしてくださり、後から復習しやすいように、

図や途中式もたくさん書いてくださいました。息子は塾の授業で類似問題を習った際に、

「熊野先生の解法の方がわかりやすいから。」と先生の手書きの解説を取り出してきて

確認していることが何度もありました。


立体図形では、熊野先生の描いてくださった図を反復し、演習を重ねるうちに、

頭の中で複雑な立体を組み立てたり切断したり、移動させたりする力が伸びたことはもちろん、
作図も素早く的確にできるようになりました。また、速さの分野ではダイヤグラムを早い時期から

習得させてくださったり、複雑な条件を線分図や式で整理して解く演習を繰り返してくださった

おかげで、様々なアプローチから難問にも対応できるようになりました。

「中学への算数」や過去問などでわからない問題を質問させていただいた時も、

詳しい解説をあらかじめ準備してくださったり、後からよりわかりやすい解説を作成して送って
くださったり、息子のどんな小さな疑問点も曖昧にせず、重要な論点は漏らさず教えてくださいました。

入試において、志望校の問題を解くための実力をつけることはもちろん大事ですが、

制限時間内でいかに得点に繋げられるかが重要です。得点を競う試験なので当たり前なのですが、

これが戦略次第で大きく変わってくるということを熊野先生は話してくださいました。

そして、学校別模試などを受け始めると、そのことを強く実感するようになりました。


得点力を上げるために、熊野先生の授業では、志望校を想定した難易度の問題をセットにして

時間を計って解くという演習を繰り返してくださいました。授業後に、時間の使い方の反省点や、

落としてはいけない問題、後回しにすべき問題など具体的にアドバイスをいただき、

息子は少しずつ時間配分を意識して取り組めるようなりました。


このような時間配分の練習は、通っていた塾では6年秋以降にしか行われませんでしたが、

問題にのめり込むと冷静さを欠いてしまうことの多かった息子は、それでは間に合わなかったと

思いますので、毎回の授業がとても充実した貴重な時間でした。


また、模試や授業での演習の結果は、息子の成績と過年度の熊野先生の生徒さんの成績データを

比較した定量的な分析と、息子の解く様子や性格などを見ていただく中で、ご経験から評価して

いただく定性的な分析の、両面からお話しいただけるためとても説得力がありました。

その中で新たな課題が見つかった場合には、早めに対応していくこともできました。


息子は成績が非常に不安定でしたので、その点についても、何度も熊野先生に相談させていただきました。

熊野先生は、私たち親子のささいな悩みにも、まずはその悩みに共感してくださいました。

一刀両断にはせず、話をじっくり聞いてくださり、親身になって打開策を考えてくださって

とても心強く感じました。そしてやはりご経験、ご実績からいただくアドバイスは本当に的確で、

くじけそうな気持ちを何度励まされたかわかりません。


なかなか模試の結果が出ず苦しい時期も、息子の底力を信じてくださって、私も最後まで息子を

信じることができました。


成長期に入り精神面のサポートも難しい中学受験ですが、親子間で大きな衝突もなく、
常に前向きに、その時々にやるべきことを見失わずに受験を終えられたのは、

熊野先生のご指導なくしてはありえなかったと断言できます。


中学受験を終え少し経った今思うことは、熊野先生にご指導いただいて得られたものは
志望校の合格だけではなかったということです。伸ばしていただいた算数の力は、息子にとって

一生の財産になりました。進学先の中学では、クラスの数学好きで集まってオンラインで

問題を出し合ったりしているようです。これからは本人の興味の赴くまま、数学という学問を

深めていってくれたらと願っています。

​​​