「復習主義」で成果が出ない場合の対処法

中学受験に限らず、受験勉強においては「復習主義」(予習をせず、復習に専念する)が「予習主義」

(予習・復習の両方を行う)よりも効率的だという声が多く聞かれます。

大手塾でも「予習はしないで(復習に専念して)ください」という指示を出しているケースが多いです。

復習主義が推奨されている理由としては、

・予習は時間がかかる割に理解を深めることが難しい(コスパが悪い)

・中途半端に知識があることで授業での集中的が落ちる

・予習と復習の両方を行うことで膨大な時間がかかる

といったことが挙げられるのではないかと思います。

ただ、難関中学受験生の実情(復習主義と予習主義のどちらが結果が出ているか)を見る限り、

復習に専念している受験生より、予習(先取り学習を含む)と復習の両方を行っている受験生の方が

確率的には結果が出ています。

特に成績上位になるほどその傾向が強く、例えばサピックスの東京校や自由が丘校のα1クラスでは、

復習主義の受験生を探す方が難しいのではないかと思います。

また、成績が伸び悩んでいる受験生についても、復習主義より予習主義が有効なケースが少なくありません。

私のオンライン面談では、成績が伸び悩んでいる(塾の復習テストで偏差値40台など)受験生の親御様から

相談を受けることも多いのですが、試しに復習主義から予習主義に変更すると、

半数以上のケースでは2ヶ月以内に偏差値が10以上改善しています

復習主義が機能するためには、次の条件がすべて揃う必要があります。

・授業において聞き洩らし等がない(集中力を持続できる)

・説明された内容をその場でスムーズに理解できる(飲み込みが早い)

・指導者の説明がわかりやすい

この中の1つでも欠けると復習に時間がかかってしまい、理解も深まらない結果になりがちです。

一方、軽く予習をしておく(20~30%程度の理解でもいいので取っ掛かりを作る)ことで、

授業での理解度は上がるケースが多く、復習にかかる時間も短縮される傾向があります。

実際、復習主義から予習主義に変更した受験生の親御様に聞くと、復習主義の時の所要時間と

予習主義にしてからの所要時間(予習・復習の合計時間)との比較では、個人差はありますが

所要時間が増えたというケースは少なく、所要時間が変わらないか短縮したというケースが多く

なっています。

仮に所要時間が増えるということであれば、その受験生の場合は復習主義の方が向いている可能性が

ありますので、再び復習主義に戻すものいいかと思います。

逆に所要時間が短縮されたり、所要時間が変わらなくても(成績が上がるなど)理解度が向上して

いるようであれば、予習主義の方が向いている可能性が高いです。

復習主義で伸び悩んでいる場合は、合わなければ元に戻せばいいとポジティブに考えて、

根本的な取り組み方を変えてみるのもいいかもしれません。